カルバマゼピンが売れている

カルバマゼピンが売れている

てんかん発作を予防するために使用される薬としてカルバマゼピンというものがあります。カルバマゼピンはNaチャネル阻害薬と呼ばれる種類の薬です。近年では通販で手軽に購入できることから薬の通販サイトを利用してご購入される方が増えてきています。

てんかん治療薬カルバマゼピンとは

カルバマゼピンは、Naチャネル阻害薬と呼ばれるてんかんの薬です。てんかんは、脳の神経細胞に異常が起こることで、突然痙攣したり意識を失ったりと発作が発生します。人間は、神経細胞で電気信号が伝わることで興奮が伝わります。電気が作られるのは、イオンが関係しています。興奮のシグナルであるプラスの電荷を帯びたイオンや、抑制性を司るマイナスの電荷を持つイオンがあります。これらのイオンによって電気信号が伝わります。人間の細胞はマイナスの電荷を帯びていますが、プラスの電荷を持つイオンが侵入するなどの刺激によって細胞内がプラスの電荷に変わることがあります。てんかんではこの刺激が突発的に起こることが原因です。よって興奮性のシグナルを抑制すれば、異常な電気信号が伝わりません。プラスの電荷を持つイオンはNaチャネルという輸送体を通して侵入するので、カルバマゼピンでNaチャネルを阻害すればてんかんの発作が起こりません。てんかんの発作では運動障害や精神障害を伴う精神運動発作があり、そのうち子どもの患者が引き起こす精神運動発作の予防にカルバマゼピンは用いられます。カルバマゼピンは、てんかんによる発作だけでなく、精神障害にまで効果を発揮することから、気分が高揚して支離滅裂になる躁病の治療薬としても有効です。カルバマゼピンは、抗てんかん薬なので間違った飲み方をするとリスクが高まる薬でもあります。アルコールや抗うつ剤、抗ヒスタミン剤などと併用すると、発作が起こりやすくなります。個人輸入が可能ですが、ハイリスク薬なので医師の処方が一般的です。副作用として代表的なのは、眠気で日常生活に支障をきたす場合は、服用を止めることがあります。

●カルバマゼピンが主成分の薬
テグレトールが突然の発作を防ぐ
●カルバマゼピンとラミクタールは併用しても大丈夫です
ラミクタール