カルバマゼピンが売れている

てんかん発作を予防するために使用される薬としてカルバマゼピンというものがあります。カルバマゼピンはNaチャネル阻害薬と呼ばれる種類の薬です。近年では通販で手軽に購入できることから薬の通販サイトを利用してご購入される方が増えてきています。

てんかん発作持ちの運転免許取得とカルバマゼピンとは

てんかんとは、突然脳が一時的に異常な興奮状態になる事で発作が起きる疾患で、脳のどの部位で興奮が生じたかで様々な症状が現れるのが特徴です。発作が起きると急に倒れたり、手足が異常な動きを見せる事があるため、焦って行動しがちですが、ほとんどの発作は命に別状がないため冷静な対応を心がけましょう。発作は時間と共に落ち着きを見せ、症状が治まったあとは意識がゆっくり回復していきます。もし短時間に何度も発作を繰り返したり、意識が元に戻らなかったりする場合は、救急車を呼ぶなどの対応が必要になります。

てんかんを発症している場合でも、安全性を確保するために設けられた一定の条件を満たしていれば、車の運転は可能です。運転免許や免許の更新している時は、病状が安定していても担当の医師に相談して下さい。医師の許可を得て免許を取得する場合、ごまかさず病状を申告する必要があります。また、運転する時に体調が悪かったり、抗てんかん薬を飲み忘れた時などは運転を控えましょう。また、安全に運転できる自信がある場合でも、大型免許と第2種免許の取得や、運転を主な業務とする職業に就くのは避けた方が無難です。

てんかん発作を抑える薬は複数存在し、カルバマゼピンは部分発作に特に効果が高いてんかんの予防薬です。カルバマゼピンは脳の神経をしずめ、興奮を抑える事で落ち着かせる働きがあり、てんかんをはじめ躁うつ病の治療にも用いられます。てんかんは原因そのものを治療する特効薬が未だ発見されていないため、予防薬を継続的に服用する必要があります。カルバマゼピンは飲み合わせや食べ合わせで効果の強弱が変化しやすく、もし副作用が現れるようでしたら医師に報告し、対応を判断してもらいましょう。