カルバマゼピンが売れている

てんかん発作を予防するために使用される薬としてカルバマゼピンというものがあります。カルバマゼピンはNaチャネル阻害薬と呼ばれる種類の薬です。近年では通販で手軽に購入できることから薬の通販サイトを利用してご購入される方が増えてきています。

意識障害などの発作治療に使われるカルバマゼピン

カルバマゼピンは、てんかんの発作治療や向精神薬として広く使われる薬です。
てんかんはけいれんや意識障害などの発作を繰り返す脳の病気です。そもそも、人間の脳の神経は、興奮と抑制がバランスよく働いています。しかし何らかの原因で興奮が強まる、あるいは抑制が弱まると激しい電気的な乱れが生じ、脳神経で過剰な興奮が引き起こされます。その電気的興奮が意識障害やけいれんなどの発作を引き起こします。てんかんの発作は、この過剰な電気的興奮が脳のどの部分で起こったか、あるいはどのように脳に広がっていったかによって症状が異なります。発作は意識障害を伴うものか、体の一部で起こっているのか全身に起こっているのかなどによって細かく分類されています。てんかんの発作治療は主に服薬によって行いますが、発作の種類によってどの治療薬を使用するか決定するため、発作の種類を正確に診断することが大切になります。
てんかんの発作治療薬には、脳の興奮を抑えるタイプのものと、起こった興奮の広がりを抑えるタイプのものがあります。カルバマゼピンは興奮を抑えるタイプのものに分類されます。神経細胞は、ナトリウムイオンやカルシウムイオンが細胞の膜を通って細胞の中に入り込むことで興奮します。カルバマゼピンはこれらの物質の通り道であるナトリウムチャンネルを遮断し、細胞の中に入り込むことを防ぎます。この脳の興奮を抑える作用を利用し、抗てんかん薬としてだけではなく、異様な気分の高揚を起こすそう状態を抑え、それを伴う双極性障害の治療目的でも使用されます。
カルバマゼピンには即効性がなく、飲み始めてから効果が出るまでに一週間以上かかります。定期的に血中濃度検査を行い、その患者に適切な服薬量を決めます。効果が出ない、副作用が出た、もう治ったなどの自己判断で服薬を止めることは避け、医師と相談しながら治療を進めていく必要があります。